開発中の”ファストフリップ”で青物ジギング

img_4830

茨城県久慈港のふじしめ丸さんに、”ファストフリップ”を持って青物ジギング便で乗船しました。

私の住まいは茨城県潮来市。近くの鹿島は11月にヒラメが解禁されて以来、ほとんどの船がヒラメで出船しているため、同じ茨城県でもヒラメの解禁が12月の久慈港の青物の釣果をチェックしていました。

毎日必ずいい釣果というわけではないのですが、比較的コンスタントには上がっていたので、これは開発中の『ファストフリップ(オフショア用のただ巻きジグ)』をテストするにはちょうどいいと思い乗船させていただきました。

夜明け前のまだ暗い久慈港を朝5時過ぎに出航。30分ほど走った最初のポイントで船は止まりました。まだあたりは薄暗い中デッキライトで準備をしていよいよ釣り開始。

お客様は私を入れて8人。4人ずつに別れて、私は右舷のミヨシに入りました。

そして一投目。水深は約70m、ふじしめ丸さんの船はミヨシで釣りをしていても、魚探の情報をモニターで見る事ができるという、素晴らしい配慮がされています。

私は、ファストフリップのバナナカラー180gを、スロージギングロッドに、リールはアキュレートのヴァリアント、コンパクトな両軸の300番、PE1.2号ラインにリーダー30ポンドで釣り開始。

ボトムに着いたら即巻き上げを開始します。従来のマイクロフリップと同じコンセプトでただ巻くだけ、しかし違うのはスピード。

ファストフリップは青物、ハタ類を主に狙うことを主眼に開発したもので、今日の狙いはブリクラスに匹敵するサイズのワラサ。着底したら即、高速で巻き取りを開始します。その時の魚探の反応はほとんど何もなしではありましたが、最初のフォールと早巻きで、何となく違和感をボトム近くに感じました。

リールを50回位、竿先をブラす程度に軽くジャークさせながら巻き上げて、また落とす。するとまたしても違和感。しかし何もなく着底、そして再度巻き上げ始めた時でした。下から喰いあげるようなバイトがあり、すかさず合わせを入れると、気持ち良く決まり待望のヒット!

ボトムから10m位でしょうか、ずしっと重量感がありますがしかし走らない。

青物?いやもしかしてヒラメかな?と思った時に、細かく首を振る手応えが伝わりました。ん??なんだコレは。と思いながらリーリングしてあげてみると、それはサイズもコンディションもとっても良い、サワラでした。

img_4842

サワラがボトム近くから追ってきてのバイト。サワラというと、中層でフォール中にバイトがあり合わせるとリーダーを切られたりすることが多いのですが、それがボトムに居たとは。

ならば群が散らないうちにと再度投入、ボトムから一気に細かいジャークをしながら40m付近まで巻き上げた時に、今度はひったくるようなバイトが。

あれ!こんな上でヒット?と思いましたが、今度は魚の動きが違います。明らかにワラサ、しかもまずまずのサイズ。

ラインが細いのでそう無理はしませんでしたが、ロッドはあまり曲げずに、手前に引き寄せては巻き取る形でやり取りを繰り返して上がって来たのは5kgクラスのワラサでした。

タックルもラインもライトなので魚のサイズがワンランク大きく感じましたが、それでもまずまずの本命魚を連続してキャッチできたので、ファストフリップのテストの結果としては最高のものになりました。

時合いもあるので、今のうちにと休まず投入。その間に船長がサワラは活き〆〜血抜きまでして、ビニール袋に入れて持って来てくれました。ワラサはイケスに個別の目印をつけて生かしておきます。

なので釣り人は、釣った魚の心配はしなくても釣りに没頭できるのがこの「ふじしめ丸」さんのとっても素晴らしいところ。

ワラサは帰港してから〆て、しっかりと血を抜いて渡してもらえます。船長は〆て持ち帰ってもらわないと気がすまないとのこと。とててもありがたく素晴らしいことです。

と言うことで、今回私は『テスト』と称してますが、もう完全に釣り人モード。巻き上げてはフォールの繰り返しで、次々と連続ヒット!!

同船のお客様も驚くほどの連発で、あいかわらずボトム近くでサワラ、中層でワラサがヒットするので、探る範囲は最低でもボトムから40mは巻き上げます。

短時間にトータルで6本を釣り上げると、さすがにちょっと疲れを感じたので、今度は、今までと全く同じタックルと、ファストフリップでスロージギングスタイルを試してみることに。ハーフピッチジャークを主に、やはり30mから40m位までをフォールを意識しながらのスローなジャークで探るとヒット!

パターンを変えてみると、スローにも好反応。ファストフリップは物凄くフォールの姿勢が良くて、このフォールを生かしたスロージギングスタイルで使えば、巻物が苦手とするフラットフィッシュや根魚、様々なエリア、シーンにも使えると確信を持っていました。

先日は沼津でアカムツを狙い、残念ながらクロムツのみの釣果でしたが、数的にはスロージギングにも釣り負けてはいませんでした。

そういう考えがあったので、今回のテストは早巻きで疲れたら、スロージギングに切り替えて、釣れるものは何でも釣ってやろうと思っていました。

なんとメバルもスロージギングで釣ることができました。一つのジグ、同じタックルで、早い誘いの”ファストジギング”とスローな誘いの”スロージギングスタイル”が両方状況に合わせてフレキシブルに愉しめるファストフリップは、今の時代にこそ必要とされる画期的なジグといえるでしょう。

フォール姿勢がとても良いので、フォール中のバイトも非常に多く、追尾されているのも感じられます。

何より使っていてとっても楽しいルアーで、ジャークをしなくても基本はただ巻きで良いので、体力的に普通のジギングよりもかなりラクです。

楽ちんなただ巻きスタイルで魚種問わず多くの魚を釣り上げる、こんなメタルジグが今まであったのでしょうか、更にそのままスロージギングでも使えるのです。

img_4868

結果的にはワラサ7本、サワラ5本、メバル1匹と、船中でトップの釣果が出ていたので、後半は同船のお客様と色々とお話をしたり、タックルをお貸ししてファストフリップを体験してもらい、ワラサを実際に釣っていただいたりと、有意義で楽しい一日を過ごすことができました。

掛けるたびに、お客様の目がこちらに注がれるのがとっても快感でした(笑)。

『これ欲しい!』と言われる方も何人かいらっしゃって、『発売はいつなの?』と聞かれました。(2016年12月発売予定)

船長には、最初に使っていたバナナカラーをサワラに切られないうちに差し上げました。その後、私はオレンジレッドにチェンジしましたが、釣果には大きな変化はなし。ボディカラーよりもジグ自体の出すスイミング時の波動やフォール時のフラット姿勢の動きの良さ、そしてセットになっているフックに付いた、ギアラボルアーの代名詞の”ポラジックフィルム”それらの効果が大きかったのだと思います。

もし、これからファストフリップをお使いいただく時には、フォールを意識してもらえると更に色々な魚にアピールできると思います。

ただ一つ注意して頂きたいのは、あまりにも綺麗に水平に近い姿勢でフォールするので、ある程度の水深までは、サミングを強めにして、ジグが暴れ過ぎないようにしてフォールさせた方が、同船者よりも早く沈めることができます。

深く潜ったら、逆にフリーに近くフラットな姿勢でフォールさせ魚にアピールをしてあげれば、遠くから魚が見つけて追尾してくるのがわかると思います。そこで着底したら速巻きで逃げる演出をし、追わせて口を使わせる。

これがファストジギングのルーティーンです。

スロージギングスタイルでは大きめのしゃくりで、フォールを意識するとフォールしてからの次のアクションでのヒットが非常に多いようです。

今回、お世話になった「ふじしめ丸」さんは、マイクロフリップの発売当初から使っていただいていて、固定された概念に囚われない、楽しい釣りを常に考え提案してくださる遊漁船で、船長の人柄もありたくさんのファン、リピーターさんがいる船です。

茨城県とはいえ都内からもそう遠くないので、一度お出かけになってみてください。

釣行日:2016年11月27日
時間帯:午前5時~正午
場所:茨城県久慈港
水深:40~70m
アプローチ:パラシュートアンカー