竹島のカヤックフィッシングでキハダマグロが釣れました。

1482114646554

鹿児島郡の竹島にIターンで住んでる大園です。この島の魚影の濃さとスケールに惹かれて移り住みました。

さて今回はカヤックフィッシングで沖に出ました。天気は晴れ、風は東風2~3m。潮は中潮。8時に上げ潮で出発して10時位に潮止まり~下げ潮狙いです。

魚探でムロアジの反応を探してキハダマグロをゲット

DSC_0280

竹島の北側をポイントとして、魚探でベイトの反応を探しました。水深80mの所にムロアジの反応を見つけたので、マイクロフリップ60gにオプションのGブレード(ウィロー)を取り付け落とします。

カヤックを潮の流れと同調させるためシーアンカーを入れながらの流し釣りです

水深50mから1秒に2回転位の速さで10m位まで巻き上げでまた落とすを繰り返しましたが、アタックなし。

そこから浅場への移動中に、また大規模なムロアジの反応を見つけたので、すかさずマイクロフリップを落としました。

今度は水深50~60位だったので底を取り、1秒に1回転位のリトリーブで巻き上げ。数回繰り返しましたが何も釣れないので、また移動しようとボトムから高速(回収スピード)で巻き上げてくると水面から10m位のところまで追っかけてくる魚影を確認。

『おっ?』っと思い、反応の濃い40mから20mを中心に落として高速巻き上げ。

すると魚影がバイトしてくるのが見えました。青く光る魚影にヒラマサかと思いましたが真下にギュンギュン走る走る。

ロッドはテイルウォークTai Game S610lに、リールはシマノオシアコンクエスト300HGにウルトラジグマンPE2号を400m。

ぐるぐると回りながら上がってきたのはキハダマグロでした。カヤックでマグロ釣るのは私の最終目標だっため興奮。

推定30kgオーバーのマグロにカヤックを振り回されて

DSC_0293

これは大物も釣れるかもということで、次はシーアンカーを入れずに風に流されて釣りを再開しました(大型が掛かるとシーアンカーが邪魔になるため)。

ベイトボールにはなっていない状態でしたが、魚影の濃い40mから20mを巻き上げてると『ズン!』と明らかに重い感覚がロッドを伝わってきました。

掛かった瞬間すぐにリフトポンピングでラインを回収します。

が、ここで魚がルアーに気付き走り出します。下へ下へと一気に持っていき、次は潮上に走り出しました。

魚が疲れたタイミングで一気に頭をこっちに向け、こちらに走ってきて20メートル位巻き上げると、またラインを高速で吐き出して行きます。

『でかい』
おそらく、30キロオーバーのサイズです。

カヤックは真横を向き、魚は後ろに後ろに引っ張り、パドリングで向きを整えながらファイトしました。

このポイントはフラットで瀬がないので、ドラグとハンドドラグでプレッシャーを与え続けましたが、あっという間に400メートル巻いたラインがなくなり、スプールの底が見えてきそうだったので、ロッドを真っ直ぐにして根掛かりを取るイメージでぐっと指を抑え付けたら、ラインが切れました。

針は良いところに掛かってたみたいで、リーダーとフリップを結んでいる所が絞り込みでブレイクしていました

これは釣り上げたかったです。悔しいですがいい経験になりました

次はファストフリップ(プロト)に切り替え、ロッドもテイルウォーク SALTYSHAPE DASH SPJ spj637。リールはシマノオシアジガー2000HGにウルトラジグマン3号600m。

速巻きからのワンピッチで『ドン』と乗りすぐに走り出しました。

が様子がへん?

どんどん水面に浮いてきて真横に走り後ろに走り、一周して水面に巨大な背鰭を出してジャンプ!

150キロはありそうなサメでした、頭を振って大暴れしたときに歯でリーダーブレイク。危ないのでキレて良かったです。

魚影も消えたので瀬際のロックフィッシングに切り替え水深15m位を流してマイクロフリップでボトムを狙うと、オジサンやアオノメハタが顔を見せてくれました。

DSC_0298

 

DSC_0302
釣り人:大園祐亮
釣行日:2016年12月18日
水深:15m~80m
潮:中潮
時間:AM8時~PM3時