鹿児島湾のマイクロフリップ、真冬のシャローゲーム

真冬のシャローでマダイを狙う?釣れるんです。

!cid_D198585D-EC31-409C-9F36-85330D22CB11

マイクロフリップは潮の動かない時や、魚の活性が低い真冬でも釣を楽しみたいとの思いから開発されたものです。

また、投げて巻くだけという、シンプルな釣りです。

その条件が揃った環境でのマイクロフリップの使い方をまとめてみました。

当日の潮回りは長潮。満潮が15時前。13時出港後は、ほぼ満潮潮位。下げはじめは16時過ぎでしょうが、日が短いこの時期、釣りができるのは17時半位まで。

つまり、釣りをしている時間の大半は、潮が動かない状況が予想されます。また、この日は風が非常に強く、山に囲まれた鹿児島湾とはいえ沖での釣りはむずかしく、近場・浅場での釣りとなります。

常識にはやや反するのですが、意外とこの時期は、浅場にベイトが入っている事も多く、浅場も狙ってみる価値は十分にあります。

パッケージから出したままの極小セッティングで

!cid_1BF6877C-5787-4A3A-8C31-42A9E83F8207

ポイントに入って、釣りを始めると、やはり潮はあまり動いてません。むしろ釣りはじめの方がまだ動いてたくらいです。

水深は10メーターから20メーターほど。マイクロフリップの35gにブレードをセッティングし、フックはフロント遊動でキャスト。

底をイメージしながら巻いていると、コツンとした小さなアタリ。この時期らしい釣りが展開されます。

ここでそのアタリが取れないものかと、ブレードを外して、よりマイクロシルエットへ。すると間もなくヒット。

巻き上げてフォールさせた瞬間に、ラインをバラバラと引き出すアタリ。遊動の特徴でもあるフォール中のアタリが出ました。しっかりとあわせを入れて取り込むと、上顎唇にフッキング。食いが浅いですね。

その後も小さなアタリは続き、可愛いマダイが釣れたりはしますが、大物がなかなか喰ってきません。

潮はさらに緩くなり、難しい状況に。それに合わせて選んだ組み合わせはマイクロフリップのパッケージセッティング。袋から出してそのままの状態です。

何だかんだいっても、このセッティングがタフな時に最も強いんです。

真冬でもシャロー&キャストは狙う価値あり

!cid_D61B2DE9-8C7A-42E8-BB2F-06B049DA9226

フルキャストして底を長く探る釣りを試すと、アタリが増えてきました。

やがて、ぶよんとした柔らかいアタリ。合わせを入れると気持ちよくロッドを曲げる引き。
最後の最後まで粘りを見せたのは50センチほどののマダイでした。

しかしこれも上顎の唇、もう1本は口の上、外側にフッキング。真冬の渋く浅いアタリですが、こだわったフックの刺さりが足掛かりになったんだろうと思います。

この後の夕まづめ時間は残念ながら釣果をあげられませんでしたが、下手すれば1日アタリのない時期にショートバイトは多数出て、そこからヒットに持ち込むこともでき、マイクロフリップの特徴を活かした釣りができたと思います。

今回はシャローでキャスティングでしたが、ある程度水深があるところでもキャスティングは有効です。ちょい投げでも横に引くことで釣果はもちろん、釣れる魚種も増えてきます。

また、潮が効いていればシルエットを大きく、効いてなければ小さく、というセッティングの基本を展開していけば、より奥深い釣りになると思います。

タックル
ロッド:テイルウォーク タイゲーム TZ J&C
リール:DAIWA ルビアス2510PE-H
ライン:PE 0.6 リーダー フロロ3号
ルアー:マイクロフリップ35グラム

釣り人:知念泰広
釣行日:2016年12月23日
場所:鹿児島湾/game boat 日登美丸
アプローチ:パラシュートアンカー
水深:10m前後